スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本三大曳き山 国指定重要有形文化財 上町屋台 水引き幕(一部)

上町屋台 水引き幕 唐獅子に牡丹刺繍








d.jpg



fg.jpg



g.jpg



j.jpg

夜のカメラマンさんにお借りしました  川瀬祭り

職人さ・・・・・お疲れ様でした。






神社前

秩父神社 川瀬祭り仕事合間の画像

中野



右の職人はまじめに仕事してます

左の職人さんも同じです!

それぞれの祭り1

お旅所へ・・・・・ 最高の挨拶
P1010027.jpg

私の同級生も囃してます

P1010006.jpg

そんなにおかしい!!?? 上方職人 (中町)
P1000994.jpg


団子坂の練習

P1010004.jpg

山神宮


秩父神社 秩父夜祭・・・・・・・・この石灯籠は かつて「亀の子石」の横にありました。

P1000176.jpg


P1000175.jpg


P1000163.jpg



安谷橋開通記念と半縄笠鉾修復記念公開

8月31日 100年振りに秩父市荒川半縄の笠鉾が施設内ですが引き廻されました

(安谷橋開通記念と半縄笠鉾修復記念を合わせての曳行)

前日までは天気が心配されましたが当日は御覧のような秋めいた青空になりました

少しB-ruを頂きすぎたかな!??

下の画像は秩父で有名な2人です



P1000269.jpg

秩父 荒川半縄笠鉾  方向転換のシャチ巻き

半縄の笠鉾は方向転換にシャチ巻きを使う構造になってました・・
シャチ巻構造で良く知られてるのが 小鹿野の春祭り(小鹿神社大祭)の屋台です
また 秩父夜祭 上町屋台も大正時代以前は同シャチ巻き構造でした

そこで・・良く見るとシャチ巻きの構造が小鹿野のそれとは違ってました



下画像のシャチを巻く事によって画像上のギリ棒(方向転換の為の支点)が山車の下に
強制的に下がり本体が持上る構造でした。





P1000217.jpg

秩父市荒川 半縄笠鉾 変わった構造

ここの笠鉾は芯柱(標木シメギ)が後ろに移動する仕組みになっている

柱を移動し両脇に張り出し舞台を付け歌舞伎を上演する

上写真は前より  下写真は後ろより撮影 下の画像では柱の動く部分が分る

画像がボケててすみません。


P1000223.jpg
P1000222.jpg
プロフィール

azumagenji

Author:azumagenji
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。